ハナちゃんの歌作りました 沖縄のペンションウィークエンド

ハナちゃんの歌を作りました

「ハナ」は、我が家ペンションの「箱入り看板招き雄猫(何故か名前は可愛いけど・・)」です。
興味のある方は、宿泊の際にリクエスト下さい♪

ハナへ (PART1)

1、
 真夏の昼下がり 海に続く散歩道
 小さなダンボール 道端の草むらに
 生まれたばかりの 子猫が震える
 生き絶え絶えに 血もまだついて
  鳴く蝉の音に 溺れそうだよ
 生きてよー 私もお腹に命が
 宿っているの 初めての子よ
 母の温もり 私があげる

2、
 六日の夏休み 昼も夜も離れない
 命を繋いでも 東京には連れて行けない
 ごめんね わかって 預ける辛さを
 目もまだ開かず 手のひらに寝る
  すやすや眠る小さな命
 待っててよ 今度は元気な子を産んで
 一緒に来るわ 仲良くしてね
  ふたつの命 私の命

 

我家のハナちゃん (PART2)

毎朝夜明けになると お早うの挨拶のつもり
私の頬を爪でかく ハナちゃんの一日の始まり
我が家にきたのは去年 道端のダンボールの中に
生まれてすぐ捨てられて虫の息
蝉時雨も生きてと叫んでいた

十日も過ぎ目も開いて立てた
ミルクも飲み ウンチもでき よく寝て
籠の中覗くと起きだして 不思議そうに小さく泣き 甘える夏も過ぎ大きくなって 初めて寒い冬夜中
玄関で帰りをまっててくれた
寂しがりや 甘えんぼう 有難う

今年の夏は会える 命の恩人に会える
思い切り抱かれて甘えて
じゃれ付いて 噛み付いて 感謝して
大きく育ったハナちゃん
今では我が家のたからもの
いつまでも我家のたからもの

ペンションウィークエンド 沖縄の宿泊施設

ペンションウィークエンドへのお問合せ

ペンション ウィークエンドへのお問合せ TEL:098-967-8959 ペンションウィークエンドへのお問合せ